2019年2月19日火曜日

参加・・・差延化行動の妥協策

生活民の手作り行動の3つめは「参加」。従順な「消費」行動と積極的な「差延化」行動の妥協策といえるものです。

現代の市場社会に生きる生活民の中には、供給者の差し出す「共効」だけでは満足できない者も増えています。

彼らは「手作り」や「変換」までとは行かないものの、自らが商品作りに「参加」することによって「私効」を満たそうとする行動へ向かいます。

目標とする「私効」をめざして、7~8割ほどの素材や部品を消費市場から購入し、その「個効」を活かしつつ、残りの2~3割については自らの手を加え、それによって最終的な「私効」品を作り出すという行動です。




具体的な事例は、【
「参加」・・・生活民はこのように付き合え!:2017年1月21日】で触れた通り、組み替えスーツ、自由設計プレハブ住宅、手作りキット家具、自作用ログハウスなどがあげられます。

組み替えスーツ・・2着のスーツでジャケットとパンツを組み替えて4通りの着こなしが可能になる「組み換えスーツ」も、ユーザーの参加性を実現しています。

自由設計プレハブ住宅・・・外観や内部の設計に意見や要望を柔軟に要求できるプレハブ住宅で、参加性を高めることができます。

手作りキット家具・・・予めカットされた木材、ネジやパーツがセットされたキットを購入して、それぞれを組み合わせつつ、ユーザーは自らの意向に沿った家具を仕上げることができます。

自作用ログハウス・・手作りキット家具がさらに大規模化したもので、すべてプレカットした部材をフルキットで購入し、大型の機械や専門的な工具を使わなくても、マニュアルに合わせて組み立てるだけで、ユーザーの自由設計を組み込んだログキットハウスを完成させることができます。

このほか、食品・飲料分野の製造工程参加、衣料分野のデザイン参加型ファッション、キャラクターシールやデコレーション用具によるマイグッズ化、インターネットによるデザイン参加、乗り物分野のキットカー改造バイク、住宅分野のDIY(ドゥー・イット・ユアセルフやガーデニングなども、この分野の先例といえます。

以上のように、「参加」行動は、消費行動と自給自足行動の接点に位置するもので、市場社会に生きる生活民の、最も現実的な生活行動ともいえるでしょう。

2019年2月9日土曜日

変換・・・差延化行動の極致!

生活民の手作り行動の2つめは「変換」。これこそ、差延化」行動の極致といえるものです。

現代社会に生きる生活民は、ほとんどの生活財を市場から購入し、「共効」を「個効」として、それぞれの暮らしを作り上げています。

しかし、生活民の中には既存市場で流通する商品の「共効」をほとんど認めず、市場から既製品を購入はするものの、既存の用途「個効」としては使用せず、それを大きく「変換」して、自らの「私効」を実現する人たちが増えています。

すでに
「変換」・・・生活民マーケティングの神髄!2017年2月13日】で紹介していますが、代表的な事例は次のようなものです。

100均商品(100円ショップの商品・・・コーヒーフィルターをリースやランプシェードに、ザルを壁掛け時計に、ステンドグラスオーナメントを窓枠風インテリアに、焼き網をウォールシェルフに、フォトフレームをガラスケースに、100円手ぬぐいを子ども服に・・・などなど、生活民はすでにさまざまな転換を実現しています。

工業・工作用のマスキングテープ・・さまざまに変換されています。壁紙、写真フレーム、窓飾りなどのインテリア化は勿論、メガネフレーム、ブローチ、折り紙ネックレスなどのアクセサリー化、ギフトラッピング、グリーティングカードなどの交際グッズ化というように、多様な変換事例が生み出されています。

風呂敷・・・さまざまな使用法が生み出されています。粋なデザインが描かれていますから、壁掛けやテーブルクロスにもなりますし、ネッカチーフとしても使えます。

冷蔵庫・・・真夏に独身女性がどのように冷蔵庫を使っているのか、アンケート調査では食品しか上がってきませんが、実際に写真を撮ってみると、食品以外に化粧水、薬品、ビニール袋に入れた通帳や現金、新品のパンティストッキングも入っています。ストッキングは、一度冷凍すると伝染しにくくなるからです。


また冷凍庫には生ごみ入っています。1週間単位で生活していると、毎日は捨てられないので、腐臭を避けるために冷凍してしまうからです。

さらに先端的な事例は、緊急時のために冷蔵庫へ入れておく救急医療情報キット「
命のバトンでしょう。

とすれば、冷蔵庫は必ずしも食べ物を保存するだけのものではない。生活民はむしろ総合保管庫、あるいは総合ごみ箱に変換しているのです。 

以上の事例の中で、冷蔵庫のケースを考えると、本来の「ねうち」は食品や飲料を冷却保存すること(共効)であり、多くの消費者はそれに従ってさまざまな食品を保存しています(個効=ききめ1)。

ところが、独創的な生活民の中には、薬品や化粧水、あるいは銀行通帳や現金など、さらには緊急時用の「命のバトン」を保存するという保管機能(私効=ききめ2)を実現する者もいます。

こうしたユニークな使用法が広がると、「私効」がやがて「個効」に変わり、ついには「共効」となっていきます。



言語行動において、「ヤバイ=危ない」というラングが、一部の若者の間で「ヤバイ=すごい」(パロール1)から「ヤバイ=カッコイイ」(パロール2)へと“差延化”されているうちに、ついには「ヤバイ=感動的」(ラング)となってしまったことと同じなのです。

2019年1月30日水曜日

「手作り」の実態を考える!

「手作り」行動を「手作り1」と「手作り2」に分けて考えてきましたが、私たちが生きている市場社会においては、実際のところどのように行われているのでしょうか。

「手作り」・・・生活民マーケティングの基本!】(2017年2月21日)において、さまざまな事例をあげて詳述しましたが、「手作り」行動とは、本格的な「私効」実現をめざす生活民が「自分の手で作る」自給自足をめざすものです

とはいえ、現代の市場社会では、本格的な自給自足などほとんど不可能ですから、実際には2~3割程度の素材や部品を購入し、7~8割の手を加えて「手作り」品を実現させるケースが多いでしょう。

この「7~8割の手を加える」行動についても、「手作り1」と「手作り2」の、2つがあります。

手作り1」とは、料理や裁縫などのレシピ、電気製品などのマニュアル、ハンドメイド・アイデア・サイトといった、既存の手順に従って、自らの「手作り」行動を実現していく行動です。

他方、「手作り2」とは、さまざまな既存手順を参考にしつつも、さらに自分なりの独創を加えて、まったく新たな「手作り」手順を作り出し、かつ実行していく行動を意味します。

その結果、実際の「手作り」行動では、「手作り1」と「手作り2」が絡み合って、複雑なケースが生まれてきます。食品を事例にとって、実例を考えてみましょう。

①一つの料理の素材となる野菜を自ら栽培する場合にも、一般的な栽培法に従うケース(手作り1)と、全く新たな栽培法を試みるケース(手作り2)があります。

素材を調達する場合にも、 市場で素材を買うケース(手作り1)と、自ら収穫した素材を使うケース(手作り2)があります。

素材を調理する場合にも、一般的な調理法に従うケース(手作り1)と、自ら考案した、新たな調理法を試みるケース(手作り2)があります。

一品に仕上げる場合にも、一般的な一品を作るケース(手作り1)と、自ら考案した、独創的な一品を作るケース(手作り2)があります。

こうしてみると、食べ物の一品を手作りする場合にも、4×4=16通りの「手作り」行動が考えられることになります。

同じような生活行動が、衣類家具などの「手作り」にも発生しています。

「手作り」という生活行動では、「個効」と「私効」、「ききめ1」と「ききめ2」の実現が複雑に混じり合っているのです。

2019年1月19日土曜日

自給自足行動も差延化の1つ!

生活民も暮らしにおいて、差延化行動はどのように展開されているのでしょうか。

生活民の、モノの使用に関する差延化行動を考えてみる時、【
差延化戦略には5つの方法があった!】(2016年12月31日)で取り上げた通り、私仕様、参加、手作り、編集、変換といった、5つの方法が浮かんできます。

これらの方法を生活民という立場から改めて見直してみると、最初に取り上げなければならないのはやはり「手作り」という行動でしょう。

「手作り」とは、本格的な「私効」実現をめざす生活民が、「自分の手で作る」自給自足行動であるからです。

もともと生活民に先行する「生活者」という概念には、提唱者の大熊信行が指摘した通り、生活の基本が「自己生産であることを自覚して」いる人々、という性格が色濃く含まれています(
大熊信行の提起した「生活者」とは(2015年2月19日)

とすれば、「生活者」を継承する「生活民」の生活行動においても、最も基本になるのはやはり「手作り」ということになるでしょう。

生活民とは、自らの生活に必要なモノやサービスを、まずは自給自足によって獲得する、能動的な主体なのです。

その意味では、交換制度が未発達であった旧石器社会や制度や、未熟であった新石器社会の人々こそ、生活民の原型ともいえます。石矢を自作して獲物を捕る行為や、土器を自作して食糧を保管する行為などは、自給自足の典型ではないでしょうか。

生活財の交換制度が極度に発達した現代社会においても、農山村などの住民の中には、自らの食糧の大半を自給自足で獲得しているケースも、稀有とはいえ存在している可能性があります。

自給自足によって自らの暮らしを実現している主体こそ、生活民の典型なのです。

このように書くと、「手作り」という行動は「ヰティリテ(utilite):社会的使用体系」から独立した、独自の生活行動とも思われます。

しかし、彼らの行っている自給自足行動もまた、その手順や知識などの、その全てが独創ということは極めて少なく、基礎的作法や手順などは、彼の属する社会的集団の中に育まれてきた、一定の作法を取り入れている場合が多いでしょう。

そうした意味では、「手作り」行動もまた、「ヰティリゼ1(utiliser 1):個人的使用活動」を基礎にしつつ、その上には独自の応用行動によって、新たな用途を紡ぎだす「ヰティリゼ2(utiliser 2):個人的創造活動」を行っている、ともいえるでしょう。

つまり、「手作り」とは、社会的な「手作り作法(Self-Making)」に従いつつ、そのまま行っている「手作り1(Self-Make-1)」と、それに独創を加えた「手作り2(Self-Make-2)」ということになります。

大和言葉で表現すれば、「手作り」とは、社会的な「ねうち(共効)」をそのまま味わう「ききめ1(個効)から、それに独創を加えて「ききめ2(私効」へと進む、ということです。

自給自供自足という生活行動もまた、「差延化」行動の、最も基本的な一つといえるでしょう。

2019年1月10日木曜日

言語活動の「差延」から生活行動の「差延化」へ

生活民の「差延化(différanciation」行動の前提には、彼一人の生活行動と彼の属する社会集団の生活様式という相互関係があります。

これまで述べてきた言語学の知見によれば、「パロール(parole):個人的言語活動」と「ラング(langue):社会的言語体系」の関係です。

私たち一人一人の、会話やメールといった個人的な言語活動は、社会的に敷衍している日本語、英語、フランス語といった言語体系を前提にして行われ、かつ可能になっています。

その意味では、個人の言語活動は、社会集団の言語装置に依存する、隷属的な行動だ、ともいえないこともありません。

しかし、J.デリダが主張しているように、既存の言葉の意味である「差異(différence)」に対して、結果として差異を生み出す「差延(différance)という、純私的な“動き”があります。

パロール(parole:話し言葉)で使われる言葉の「意味(sens)」は、社会的装置「ラング(langue)」に依存している比重が高いがゆえに、話し手と聞き手の間で同一性を保たれているケースが多いのですが、エクリチュール(écriture:書き言葉)で使われる言葉になると、書き手の「意味」が読み手によって多様に解釈できる場合が増えてきますから、ラングを超えた情報交換が可能になる、ということです。

そして、話し手や書き手という個人が自ら繰り出した、新しい「意味」が他者に認められて、世の中に広がっていくと、ラング上の「意味」もまた変えてしまうことができます

つまり、一人の生活民は、一方では「ラング:社会的言語体系」に従って「パロール1:個人的交信活動」を実現していますが、他方では独自の応用行動によって、新たな意味を紡ぎだす「パロール2:個人的創造活動」もまた行っているのです。

このような、話し手個人の言語創造行為。これこそが「差延(différance)とよばれるものの実態です。

さらに、この「差延」は生活行動一般に拡大できますので、筆者は新たに「差延化(différanciation」とよぶことにしています。

つまり、一人の生活民は、一方では「ヰティリテ(utilite):社会的使用体系」に従って「ヰティリゼ1(utiliser 1):個人的使用活動」を実現していますが、他方では独自の応用行動によって、新たな用途を紡ぎだす「ヰティリゼ2(utiliser 2):個人的創造活動」=「差延化」もまた行っている、といえるでしょう。

以上のような意味での「差延化」行動が、実際の生活シーンでどのように行われているのか、さまざまな対応方法を考えていきましょう。

2018年12月27日木曜日

「差延」を「差延化」に拡大する!

「前回の理論構成について、文章だけではわかりにくいのでは・・・」というご指摘をいただきましたので、もう少し単純化して、図解することにします。



この図では、言語行動が作り出す「ランガ―ジュ:langage:コト界」と、道具使用行動が作動する「ヰセージュ:usage:モノ界」が、上下の対応を示しています。

①ランガ―ジュ(langage)界の「ラング(langue):社会的言語体系」と「パロール(parole):個人的言語活動」の関係は、ヰセージュ(usage)界の「ヰティリテ(utilite):社会的使用体系」と「ヰティリゼ(utiliser):個人的使用活動」の関係に対応します。

②「パロール(parole):個人的言語活動」における「パロール1(parole=発話1)」と「パロール2(parole=発話2」の関係は、「ヰティリゼ(utiliser):個人的使用活動」における「ヰティリゼ(utiliser)1=使用1と「ヰティリゼ(utiliser)2=使用2の関係に対応します。


③ランガ―ジュ(langage)界の「語義(signification=シグニカシオン)」と「意味(sens=サンス)1,2」の関係は、ヰセージュ(usage)界の「使用価値(仏valeur d'usage=バルール・デュセージ:英value in use)と「効用(utilité=ヰティリテ:英utility)1,2」の関係に対応します。

以上の対応の結果、ヰセージュ界においては、当ブログで述べてきた「使用価値」「効用」「ねうち」の関係もまた、下図のようになります。














上下の関係は、次のように対応します。

①「使用価値(valeur d'usage:value in use)」は「共効(social utility)」、つまり「ねうち」に対応します。

②「効用1(utilité1=ヰティリテ1)」は「個効(Individual Utility)」、つまり「ききめ1」に対応します。

③「効用2(utilité2=ヰティリテ2)」は「私効(Private Utility)」、つまり「ききめ2」に対応します。

いかがでしょうか? かえってわかりにくくなったかもしれません。

ともあれ、こうした対応によって、言語行動における「差延」は、道具使用行動における「差延化」に拡大していきます。

ご批判を恐れずにいえば、J.デリダの提唱した「差延」が、筆者の提唱する「差延化」に広がった、ということです。

2018年12月20日木曜日

「差延化」行動の理論的背景を考える!

「差延化」行動の基盤となるのは、私たち人類に特有の言語活動です。

このことについては、当ブログでは何度も触れてきましたので、要点を整理しておきましょう。
 


言葉には「ラング(langue)の次元と「パロール(parole)次元がある。

言葉の機能には、民族や国家が共有している「ラング(langue)」の次元と、それを使って個人が会話を交わしたり、一人で思考するという「パロール(parole)」の次元がある。

ラングは、日本語、英語、フランス語など、それぞれの言語圏に属する人々が歴史的に共有している社会制度、共同主観であり、この制度の中では、文法と辞書で示されているように、一つの言葉の語義と用法が、共同体の伝統と慣習によって、一定の範囲に定められている。他方、パロールというのは、個々人がラングを使って実際に行なっている、私的な言語活動や思考行動である。


②「パロール」次元は「パロール1」次元と「パロール2」次元に分かれる。

パロールには、既成のラングに忠実に基づいて会話する「経験的使用」=パロール1と、ラングを使って全く新たな関係を作りだす「創造的使用」=パロール2の、2つのケースがある。他人との交流のためにラングを使用する行為は「パロールⅠ」であり、個人が私的にラングを使用して自らと会話する行為は「パロール2」である。

③「ラング」「パロール1」「パロール2」という言葉の3次元によって、単語の意味も「語義」「意味1」「意味2」に変わる。

言葉の示すイメージは、ラングでは「語義(signification)となり、パロールでは「意味(sensとなる。「語義」とは、一つの言葉が辞書や文法といったラング(langue)の中で使われる場合であり、「意味」とは、それが個人的なパロール(parole)の中で使われる場合である。

他人とコミュニケートするには、互いに意味や用法を共有している語義を使うのが便利であるが、私的なメモや日記、あるいは独創的な詩歌や創作を書くには、自分だけに通じる意味や用法も許される。

それゆえ、パロール1とパロール2では、個々の「言葉」の意味もまた変わる。パロール1では「語義」の比重が多い「意味1」となり、パロール2では独創的な内容の比重が濃い「意味2」となる。


―――以上は【横軸の構造・・・ラングとパロール】(2015年3月6日)や【言語学で「ねうち」と「ききめ」の違いを探る!】(2018年8月19日)による。


④言葉の「意味1」は道具の「効用1」に、「意味2」は「効用2」に相当する。

ラングとパロールの関係は、言葉の使用法の延長線上に生まれる、道具や食べ物などの使用法と連動する。

コト界で社会的な「語義」に従って話す「パロール(parole:会話)1」は、モノ界では社会的な「使用価値」に従ってモノを使う「ヰティリゼ(utiliser=使用)1」の「効用1」に対応する。他方、コト界で新たな「意味」を創造しながら話す「パロール2」は、モノ界で純個人的に独創的によってモノを使う「ヰティリゼ2」の「効用2」に相当する。


効用2=ききめ2を独創することで、「効用1=ききめ1」や、さらには「使用価値=ねうち」もまた変革できる

私たちは一つのモノを、一方では社会的な習慣や先例に基づく「効用1」つまり「ねうち」として使っているが、もう一方では自らの工夫やアイデアを加えた「効用2」としても使用することができ、その使用法が広がることによって、社会的な「効用1」を変革していくこともできる。

「効用=ききめ」とみなせば、「効用2=ききめ2」を独創することによって、「効用1=ききめ1」=「使用価値=ねうち」もまた変革できる。

―――以上は【社会的な「ねうち」と純私的な「ききめ」を峻別する! 】(2018年8月29日)による。

これまでに述べてきたように、「パロール2」と「意味2」、および「効用2」と「ききめ2」の関係こそ、「差延化」行動の理論的な基盤となっています。