2022年1月18日火曜日

思考・観念言語は地縁共同体から”理”縁共同体へ!

言語3階層説の視点から、深層・象徴言語と日常・交信言語を取り上げてきましたので、今回からは思考・観念言語について考えていきます。

思考・観念言語とは、【生活世界と言語3階層の関係を探る!】で述べたように、「言分け」で生まれたコト界において、「おもう(思う)」行動やその結果をはなす(話す)」行動に対応する手段として使われている言葉です。

「おもう」という行動には「思う」「想う」「憶う」「念う」などの漢字が与えられ、幾つかの行動に分かれていますが、思考・観念言語が使われているのは、「思う(ある物事について理知を働かす)」と「想う(眼前にない物事について理知を働かす)」の2つではないか、と思います。

そこで、「思う」と「想う」という行動、いわゆる「思考」については、スイスの心理学者J.ピアジェの主張を継いで、心理学者の多くが「動作を通した思考や具体的な対象についての思考」と「抽象的で論理的な思考」の2つがある、と主張されています

しかし、筆者は、その間にもう一つ、「日常・交信言語を使う思考」が存在すると思います。日常生活で使っている言葉で行う思考と、思想用の抽象的な言語で行う思考は、いささか次元の異なる行動だ、と思うからです。

とすれば、思考には、次の3次元が考えられます。

非言語次元

識分けでとらえたモノコト、つまりさまざまなイメージを組み合わせて、コト界の中で目標や方向などを理知する行動。

日常・交信言語次元

日常・交信言語を使用して、コト界の中で目標や方向などを理知する行動。この言語による思考は、特定の地域で育まれた言語体系(地縁言語共同体)によって行なわれる理知行為となります。

思考・観念言語次元

思考・観念言語を使用して、コト界の中で目標や方向などを理知する行動。この言語による思考は、地縁を離れ、特定のモノコトに関わる理知分野で、新たに育まれた言語体系(“理”縁言語共同体)によって行なわれる理知行為です。

以上のような3次元を前提にすると、思考・観念言語が使われるのは、②③の次元ということになります。

その実例を、音声言語、文字言語、表象記号の順に確かめておきましょう。





音声言語

日常・交信言語を加工したり、抽象化して創り出した思考用語を基礎にして、地縁共同体内で使われる音声言語、あるいは専門分野や特異分野など、特定の“理”縁言語共同体向けに創造された、音声で表現できる学術語や専門語

事例・・・思考語では予測、想定、前提、仮説、論理などの一般思考用語。学術語では自我、理性、全体主義、弁証法、昇華などの思想・哲学用語。専門語では市場メカニズム、価格、消費、私有制、刑罰、制度など社会科学用語。

文字言語

日常・交信言語を抽象化して創り出された思考語を、専門分野や特異分野など特定の“理”縁言語共同体向けに、数字や文字の形で表現した学術文字や専門文字

事例・・・数字では1,2,3IIIIIIなど数学用文字。学術文字では+、-、=、≠、√、∽ など計算文字。専門文字では(四分音符)、♪(八分音符)、(連桁付き八分音符)、(連桁付き一六分音符)、♯(シャープ)などの楽譜文字

表象記号

専門分野や特異分野など特定の“理”縁言語共同体において、新たに創造された、さまざまな概念を、視覚的なイメージとして表現した記号など。

事例・・・物理記号ではΔ(デルタ関数)、Θ(角度)、Σ(置換)、Ω(角速度)、Ψ(波動関数)などの論理記号。化学記号ではH(水素)He(ヘリウム)、Li(リチウム)、Be(ベリリウム)、B(ホウ素)などの物質記号。学術記号では♂(雄)、♀(雌)Δ(デルタ関数)、Θ(角度)、Σ(置換)、Ω(角速度)、Ψ(波動関数)などの生物学記号や、∟(直角)、⊥(垂直)、(近似的に等しい)などの幾何学記号



以上のように、思考・観念言語は、自然発生的な地縁言語共同体に基盤を置く日常・交信言語の応用から始まり、次第に専門分野や特異分野など特定の“理”縁言語共同体を前提に創造された言語へと進展していきます。

2022年1月9日日曜日

人類が互いにコトを交し合う言葉とは・・・

言語3階層(思考・観念言語、日常・交信言語、深層・象徴言語)と、言語形態(音声言語、文字言語、表象記号)の関係を考えています。

深層・象徴言語に続いて、今回は日常・交信言語、つまり人類が互いにコトを交し合う言葉について検討します。

日常・交信言語とは、【生活世界と言語3階層の関係を探る!】で述べたように、「識分け」で識知されたモノコトを、「言分け」によってコト界のコトに転換し、「話す」あるいは「書く」行動として使われている言葉です。

実例としては、音声言語(口頭語、会話語、交信語など)、文字言語(表音文字、文書文字など)、表象記号(絵文字、文字記号、音声記号、交通標識、鉄道信号など)が相当します。

これらの言語によって、話し手と受け手の間でコト(情報)交換が可能になるのは、その記号体系が「言語共同体」ともよぶべき集団において、予め共有されているからです。

「言語共同体」という用語については、一部の言語研究者の間で「曖昧」だとか「規制的」などと、まことに的外れな議論が盛んですが、当ブログでは社会学的な視点に立って、次のように考えています。

①ある地域に生まれ育った人間は、その地域で流布している言語体系を、意識、無意識を問わず身に着けることで、互いの意思交換を行えるようなる。

②その言語体系は、地域住民の間創り出され、かつ伝統的に継承されている。

③一つの言語体系を共有する住民の集まり、つまり地域集団は同じ言語体系を共有する言語共同体とよぶことができる。

このような言語共同体で共有される言語体系の要素は、3つあります。

❶音声や文字などの記号が意味するもの(シニフィアン)と意味される対象(シニフィエ)の結びつき、つまり、言葉とその意味が共有されている。

❷音声や文字などの繋がり方が、一定のシンタックス(統辞関係)、つまり文法として共有されている。

❸記号の意味と記号間の繋がりの両方が、一定の言語体系(ラング)として、共同体の内部で共有されている。

以上のようなラングにおける日常・交信言語の実態を、音声言語、文字言語、表象記号の順に確認しておきましょう。

音声言語

音声を使う言語行動(パロール)は、口頭語では話し手の識知を自ら理知として確認し、会話語では会話によって話し手と受け手の間で理知を交換し合い、交信語では話し手自身がその音声で多くの受け手に向けて、自らの理知が発信されています。

文字言語

文字を使うパロールは、表音文字では書き手が音声を表す文字を、文書文字では書き手が表意文字をそれぞれ使って、自分自身、あるいは受け手との間で理知を交換されています。

表象記号

文字以外の記号を使うパロールは、絵文字、文字記号、音声記号などでは発信者が共同体で共有されている視覚記号を使って、特定あるいは非特定の受信者に向けて、自らの理知を発信し、交通標識や鉄道信号などの公共的記号では、特定の共同体の参加者自身が、共同体で共有されている理知体系を使って、それぞれ受発信されています。

 


こうしてみると、日常・交信言語における言語とは、言語共同体に蓄積された言語体系(ラング)を前提に、個々人の言語行動(パロール)で使用されるもの、ということができるでしょう。

当たり前の話ですが、次に展開する思考・観念言語の構造にとって、大前提となる識知ですから、敢えて論述しました。

2021年12月30日木曜日

数字の起源を考える!

文字や記号という視覚言語もまた、音声言語と同様に、深層・象徴段階で発生し、やがて日常・交信段階へと変貌していく、と述べてきました。

とりわけ、表語文字(漢字、アラビア数字等)は、象形文字が起源となっているケースが多く、「識分け」次元と「言分け」次元を繋ぐ役割を果たしていますので、深層・象徴言語と日常・交信言語の両界に跨る文字と言えるでしょう。

そこで、現代社会の科学的思考の原点になっている「数字」がどのように生まれてきたのか、を考えてみます。

人間が「身分け」によって得られたモノ世界の幾つかの同類を、「識分け」によって「一つ、二つ、三つ」と眼や指で認識し、それを地面や掌などへ何らかのイメージで書き留めた。そこに数字という文字の始まりがあるのでは、と思います。

数字の起源については、先史時代と推定されていますが、明確な時期については確定されていないようで、研究者の間でもさまざまな見解があります。

その中で最も古いという見解では、B.C.3000年頃の古代バビロニア、シュメール時代に、粘土板にとがった筆記用具で、識知した数をそのまま書き込んだ「楔形(くさびがた)数字」があげられています。

またほとんど同時期のB.C.3000B.C.300年頃古代エジプトでも、パピルス(パピルス草で作られた紙)に染色棒で書かれた象形数字が生まれた、といわれています。

当時使われていた3種のエジプト文字のうちの1つ、ヒエログリフ(hieroglyph:神聖文字)では、一は垂直な棒、十は放牧牛を繋ぐ道具、百は長さを測る巻測量綱、千は蓮の葉、万は指、十万はオタマジャクシ、百万は驚いている人、といった記号が用いられていました。

その後、B.C.300年からA.D.1200年頃にかけて、インドで生まれたインド数字が、イスラム圏を経てヨーロッパへと伝わり、いわゆるアラビア数字12345…)になりました。

インド数字の最古はB.C.300年頃からのブラーフミー数字(バラモン数字)とよばれるものですが、これにはまだ0 の数字がありませんでした。その後、A.D.500年頃までに 0 が発明されて十進法位取りのデーヴァナーガリー数字となり、イスラム圏へ伝播しました。

イスラム圏ではこの数字が少しずつ改変され、その後1013世紀ごろにヨーロッパへ伝わりました。同地ではさらに修正が加えられると、急速に世界中に広まって、現在のアラビア数字となりました。

以上のように見てくると、現代社会の時代識知の、有力な基盤の一つである「数字」もまた、深層・象徴次元の記号文字や象形文字を基礎にして、簡略的に創造された日常・交信文字である、と推定できます。

さらにいえば、思考・観念言語の典型である数理思考言語もまた、深層・象徴次元の識知の中からさまざまに取捨選択したうえで、意識的に創られた言語、ということができるでしょう。 

2021年12月18日土曜日

視覚言語を言語3階層で考える!

文字や記号は、音声言語や識知的な観念を、視覚的に表現しようとする、人類の発明ですが、それがゆえに深層・象徴言語とも密接な関りを持っています。 

前回整理した文字分類を、文字と記号で分けてみると、次のようになります。

文字で表現するもの・・・音節文字音素文字(ともに表音文字)表語文字(表意文字)。

記号で表現するもの・・・象形文字(表意文字)、記号文字象徴文字(ともに絵文字)。

 ①②と音声文字との関係を、言語=Sé(意味されるもの)Sa(意味するもの)で整理すると、次のようになります。

❶文字で表現・・・(意味/音声)/文字・・・文字によって音声の意味するものを表現する。

❷記号で表現・・・意味 または(意味/音声)/記号・・・記号によって意味や音声の意味するものを表現する。

このように整理すると、文字よりも記号の方が、深層・象徴言語には馴染んでくるように思われます。

深層・象徴言語という言語段階は、「識分け」で捉えたモノコト界の事物を、「言分け」次元の言葉や記号などに置き換えようとする、初期的な次元ですから、曖昧な音声や深層的なイメージほど馴染みが深いからです。

それゆえ、識分け力が捉えた物音や幻像などは、文字よりもイメージの方が表現されやすい、といえるでしょう。

例えば、ユング心理学でいう元型(アーキタイプ)は、人類の深層心理に潜んでいる普遍的なイメージのことですが、まずはさまざまなイメージとして象徴文字で表現され、そのうえで音声言語によって捉えられています(ユングの元型は言葉で把握されている!)。

その延長線上で、さまざまな宗教のシンボルもまた、太陽、星、光、大樹、大河などを象徴するシンボルマークとして、象徴文字で表現されています。

とすれば、深層・象徴言語の段階では、象徴文字がまずは生まれ、続いて象形文字と記号文字に進化していくのではないでしょうか。

象徴文字(元型、宗教印、国旗等)、象形文字(ヒエログリフ、古代エジプト文字等)、記号文字(ピストグラム等)の順に、文字が生まれたということです。

一方、音節文字、音素文字、表語文字は、「音声で言分ける」という「言分け」次元から生まれてきます。

このうち、表語文字(漢字、アラビア数字等)は、前回述べたように、象形文字が起源となっているケースが多く、「識分け」次元と「言分け」次元を繋ぐ役割を果たしていますので、深層・象徴言語と日常・交信言語の両界に跨る文字と言えるでしょう。

また音節文字(ア、イ、ウ、エ、オ等)と音素文字(A、B、C、D、E等)は、すでに音声化された言葉を文字化するという表音文字ですから、「言分け」で生まれた日常・交信言語の次元に近いと言えます。

以上のように、文字や記号という視覚言語もまた、音声言語と同じように、深層・象徴段階で発生し、やがて日常・交信段階へと変貌していくのです。

2021年12月8日水曜日

視覚言語を3つに分ける!

言語3階層(思考・観念言語、日常・交信言語、深層・象徴言語)と、言語形態(音声言語、文字言語、表象記号)の関係を考えています。

前回は深層・象徴言語と音声言語の関係を取り上げましたので、今回は視覚言語(文字言語と表象記号)を取り上げます。

視覚言語とは、どのような言葉をいうのでしょうか。さまざまな定義や種類があるようですので、先達各位のさまざまな見解を参考にしつつ、改めて整理してみました。 


当ブログの立場によると、視覚言語とは、音声言語やそれらが意味する想念・観念などを、視覚的な文字や記号によって表現したもので、大別すると、表音文字、表意文字、絵文字(ピクトグラム)に分けられ、さらにそれぞれが2つに分かれてきます。

1.表音文字(phonogram

一字が音節または音素を表し、「意味」には対応しない文字体系。下記の表語文字が一つの文字で一つの「意味」を示すのに対し、表音文字は2つ以上に繋がった文字で一つの「意味」を示すケースが多いようです。

11.音節文字(syllabary・・・一字が一音節(単音または連続単音)を表わす文字。例:日本語の仮名(ア、あ)。

12.音素文字(segmental script・・・一字が音素(母音と子音の組み合わせ)を表わす文字。例:ローマ字(A、B)、ギリシア文字(α、β)。 

2.表意文字(ideogram

一字が一つの「意味」を表わす文字体系。一つ一つの文字が明確に「意味」を表していますが、聴覚的な発音との結びつきが薄い体系です。

21.表語文字(logogram・・・一字が発音と「意味」を同時に表している文字。この文字の多くは、象形文字(言葉と文字と意味が一対の対応)が起源となっています。例:中国語の漢字(火、山、川)、アラビア数字(1, 2, 3)。

22.象形文字(hieroglyph・・・モノの形を象った‎‎記号‎‎で「意味」を表す‎‎文字。‎‎この文字は、3で述べる‎‎絵文字(言葉よりもモノ自体を表すイメージ)‎‎から発展したものと考えられています。例:ヒエログリフ(神聖文字=古代エジプト文字)。 

3.絵文字(pictogram

モノを描いた形状で、モノの「意味」する想念・観念を表示する記号。

31.記号文字(signal character・・・一つのイメージによって、それに類似した、特定の「意味」を表す記号。文字という記号を使用せず、イメージそのものから想起される「意味」を表しています。例:東京2020オリピック・パラリンピックスポーツピクトグラム。

32.象徴文字(symbolic character・・・一つのイメージによって、抽象的な「意味」を表す記号。「識分け」から漏れた「身分け」次元の想念を、言葉になる以前のイメージで表わすものです。例:元型アーキタイプ、宗教印、国旗。

以上のように、文字や記号とは、聴覚的な「言語」識知的な観念を、視覚的に表現しようとする、人類の発明ですが、それがゆえに深層・象徴言語とも密接な関りを持っています。

いかなる関係なのか、次回で探ってみましょう。

2021年11月27日土曜日

言の葉の 元を辿れば 秋の果て

言語3階層(思考・観念言語、日常・交信言語、深層・象徴言語)は、言語形態(音声言語、文字言語、表象記号)と密接に絡み合いながら、生活世界構造へ関わっている、と述べてきました。どのように関わっているのか、階層別に考えていきます。

まずは深層・象徴言語



●擬声語・擬音語

擬声語は、ワンワン、コケコッコー、オギャー、ゲラゲラ、ペチャクチャなど、人間や動物の声を表現する言葉。

また擬音語は、ザアザア、ガチャン、ゴロゴロ、バターン、ドンドンなど、自然界の音や物音を表す言葉、とそれぞれ定義されています。

両方とも、「身分け」がとらえ、「識分け」が意識した、さまざまな音波を、最も近いと思われる「音声」で表現したもので、言葉の原点、言語の萌芽ともいえる階層です。

記号論的に言えばさまざまな音をシニフィエ(Sé=意味されるもの=対象)とし、その音に【最も近い音声】をシニフィアン(Sa=意味するもの=記号)として接合した言語、といえるでしょう。

擬声語・擬音語=Sé /Sa=さまざまな音波/最も近い音声

●擬態語・擬容語

擬態語は、キラキラ、ツルツル、サラッと、グチャグチャ、ドンヨリなど、無生物の状態を表す言葉。

また擬容語は、ウロウロ、フラリ、グングン、バタバタ、ノロノロ、ボウっとなど、生物の状態を表す言葉です。

両方とも、「身分け」が捉え、「識分け」が意識した、何らかの動きや様子を表すもので、聴覚的な音声ではなく、視覚・触覚的な「意識」象徴的な「音声」で表現したもので、モノを表現する写実的言語の萌芽といえる階層です。

記号論的に言えば、意識が捉えた、さまざまな感覚状態をシニフィエとし、それに類似した音声をシニフィアンとして接合した言語です。

擬態語・擬容語=Sé /Sa=さまざまな感覚状態/類似した音声

●擬情語

イライラ、ウットリ、ドキリ、ズキズキ、シンミリ、ワクワクなど、人間の心理状態痛みや快さなどの感覚を表す言葉です。

「身分け」が捉え、「識分け」が意識した、感覚や感情の動きを、聴覚的な音声ではなく、象徴的な「音声」で表現したもので、情意的な言語の萌芽ともいえる階層です。

記号論的に言えば、識分けが捉えた、さまざまな心理状態をシニフィエとし、その状態を表現しようとする音声をシニフィアンとして接合した言語です。

擬情語=Sé /Sa=さまざまな心理状態/表現しようとする音声


このように見てくると、深層・象徴言語は、同一の言葉を使う語族ごとに、言葉の成り立ちや意味が異なってくるという事実を示しているようです。

擬声語でいえば、「ワンワン:日本語族」は、「bow-wow:英語族」、「toutou:フランス語族」、「wáng yī:中国語族」、「gos wau:アラビア語族」、「yay-vay:トルコ語族」など、それぞれ異なっています。

また擬容語では、「バタバタ:日本語族」は、「flap:英語族」、「battre:フランス語族」、「plap:韓国語族」、「reveref:アラビア語族」、「solapa:スペイン語族」など、さまざまな音声化が行われています。

このことは、民族の音声感覚によって、言葉の基盤が形成されていることを示しています。

民族毎に異なってくる言語アラヤ識の基盤は、こうした深層言語の構造に潜んでいるのではないでしょうか。

2021年11月18日木曜日

生活世界と言語3階層の関係を探る!

生活世界の構造と精神状態や生活願望の関係を明らかにしてきましたので、いささか前後しましたが、この構造と言語3階層の関係、つまり思考・観念言語日常・交信言語深層・象徴言語がどのように位置づけられるのか、を明らかにしていきます。


思考・観念言語

「言分け」で生まれたコト界において、「おもう(思う)」行動や「はなす(話す)」行動に対応する手段として使われている言葉です。

実例としては、音声言語(思考語、学術語、専門語など)、文字言語(数字、学術文字、専門文字など)、表象記号(物理・化学記号、学術記号など)が相当します。

コト界は人間が言語記号によって独自に作り出した世界ですから、思考・観念言語典型的な人工記号として生み出され、かつ人為的なルールによって使用されています。

日常・交信言語

「識分け」で識知されたモノコトを、「言分け」によってコト界のコトに転換し、「はなす(話す)」行動として使われている言葉です。

実例としては、音声言語(口頭語、会話語、交信語など)、文字言語(表音文字、文書文字など)、表象記号(絵文字、文字記号、音声記号、交通標識、鉄道信号など)が相当します。

モノコト界のモノやコトは、「言分け」でコトとして“理知”されると、共同体が共有する記号として定着し、会話や文通を通じて情報交換を可能にします。

音声や文字などの記号と識知された対象が、シニフィアン(意味するもの)とシニフィエ(意味されるもの)として結びつき、特定のシンタックス(統辞関係)として流通するようになるからです。

その意味で、日常・交信言語は、コト界とモノコト界を始終出入りする言語階層と言えるでしょう。

深層・象徴言語

「身分け」で生まれたモノ界の「おぼえる(覚える)」行動に対応する手段を基本としつつ、モノコト界の「しる(識る)」行動への接近としても使われている言葉です。

実例としては、音声言語(擬声語:オノマトペ、擬音語、擬態語、擬容語、擬情語など:注参照)、文字言語(擬声文字、擬音文字、擬態文字、擬容文字、擬情文字など)、表象記号(元型:アーキタイプ、神話像、音符記号、絵画記号など)が相当します。

モノ界のモノは、「識分け」でモノコトとして理知される以前は、さまざまな無意識的イメージとして、頭脳の内側を浮遊しています。

このイメージを原初的な言葉に変えたものが深層・象徴言語であり、それによって「識分け」段階へと移行させていくことができます。

こうした意味で、深層・象徴言語は、モノ界とモノコト界を接続させる言語階層と言えるでしょう。

以上で説明してきた、言語記号の3つの形、つまり音声言語、文字言語、表象記号は、下表のように整理できます。 


このように考えてくると、言語3階層(思考・観念言語、日常・交信言語、深層・象徴言語)は、言語形態(音声言語、文字言語、表象記号)と密接に絡み合いながら、生活世界構造へ関わっているものだ、ともいえるでしょう。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

注:金田一春彦『擬音語・擬態語辞典』角川書店:1978

擬声語:人間や動物の声を表す言葉。わんわん,こけこっこー,おぎゃー,げらげら,ぺちゃくちゃ など。
擬音語:自然界の音や物音を表す言葉。ざあざあ,がちゃん,ごろごろ,ばたーん,どんどん など。
擬態語:音ではなく何かの動きや様子を表すもののうち,無生物の状態を表す言葉。きらきら,つるつる,さらっと,ぐちゃぐちゃ,どんより など。
擬容語:音ではなく何かの動きや様子を表すもののうち,生物の状態を表す言葉。うろうろ,ふらり,ぐんぐん,ばたばた,のろのろ,ぼうっと など。
擬情語:人の心理状態や痛みなどの感覚を表す言葉。いらいら,うっとり,どきり,ずきずき,しんみり,わくわく など。